どこよりも早い!ハロウィンに使えるHow to本気傷メイク

2016.9.17

!!本日のブログは、血が苦手な方はご遠慮下さい!!

 

特殊メイクと聞くと、難しそうなイメージがありますが、

K-twoスクールでは、舞台や撮影、イベントでよくオーダーが入る

特殊メイクの授業もカリキュラムに含まれています。

 

老人メイクや、アニマルメイク、

そして最近一番人気なのが

ハロウィンでやりたい『傷メイク』です。

最近のハロウィンは本格的なので、傷メイクをしている人が多いですよね。

 

今回は、舞台や撮影、テレビ等で使われている

ベーシックな傷メイクの方法を

詳しく紹介していきます♬

 

教材が意外と大活躍しますよ!!

 

材料

やはり、特殊メイクと言えば!!三善(みつよし)という、

舞台用専用の化粧品メーカーのアイテムが

使いやすいので、オススメです。

K-twoスクール生なら、岡本商会でも買えますよ!!

 

□メイクアップパテー (三善) 定価:1200円

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%91%e3%83%86

傷メイクにも使えますが、これで付け鼻も作れるそうです(笑)

 

 

□クラウンカラー (三善) 定価:1200円

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

とても発色がよい着色料です。基本的には、白・黒・赤・黄色があればOK。

教材の、メイクパレットのカラーでも代用可能です。

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

 

 

 

□ブロードペイント(三善) 定価:1000円

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

リアルな質感のある血のりです。ほんのり乾いてきます。

 

 

 

□筆

%e3%83%95%e3%83%87

教材だと、ジェルアイライナー用の筆が使いやすいです。

スクリューブラシ(アイブロウ用)も是非。

 

 

 

□パレットナイフ

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

こちらも教材に入っています。

パテーを伸ばして皮膚に密着させたり、

傷口(のつもりのパテー)をえぐる、裂くのに使います。

 

 

 

□コンシーラー

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

メイクアップパテーと皮膚の境目をぼかすために使用。

皮膚の色に近いものを選びましょう。

メイクパレットのコンシーラーでOKです。

 

 

 

□パウダー

%e3%81%8a%e7%b2%89

お粉でしっかり押さえておくと、モチが変わります。

舞台用の白粉がベストですが、

教材に入っているこちらのお粉でOK!ホワイトのパウダーです。

 

 

 

ここから先は、血のりを使った本格的傷メイクのお写真が

次々出てきますので、ご注意ください!!

 

 

では、

 

 

 

 

 

 

 

HOW TO リアルな傷メイク

 

 

 

 

Step1

メイクアップパテーを小さくちぎって、

皮膚の上に密着させます。

step0

 

 

Step2

スパチュラを使って、パテを皮膚にさらに密着させて、

step3

 

 

Step3

コンシーラーでパテと皮膚の色をなじませ、

お粉で密着させ、よれないように押さえておきます。

step1

 

 

Step4

真ん中に裂け目を入れ、土手を作ります。

最初の色は、白。骨がえぐれて見える効果が!

黒も、うっすらのせておきましょう。

step4

 

 

Step5

パテーの周りに赤色を入れて黒と混ぜながらぼかしていくと、アザっぽくなってきます。

黒が入っているので、さらに痛そうなアザに。

黄色と青を混ぜて、紫を作るとさらに激しいアザに!

step5

 

 

Step6

いよいよ血のりを投入。

パテーで作った土手に流しこむようなイメージで。

step7

 

 

Step7

アイブロー用のスクリューブラシがあれば、血のりを少し取って・・・

step8

こんな風にシャシャっとすると、

いい感じの引っかき傷に。

step9

 

 

Step8

仕上げに、アザを作って完成。

scar

 

 

 

傷メイクのいい所は、『雑にやった方がそれっぽくなる』ということです。

キレイにしようとすると、傷の感じがなくなってしまうので、

思い切ってやった方が、本物の傷に近付きます!!

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e5%82%b7

本物の血管の上に沿ってアザを紫を乗せていくと

さらにリアルになりますよ。

 

パテーを使う量は、パール大でこのくらいの傷は作れます。

深くえぐれた傷を作る時や、大きい傷の場合はもうちょっと必要です。

パテー1本で、上のようなサイズの傷なら、40個以上は作れるかと・・・。

 

ちなみに、このようにパレットでうまくはがして

キレイに取れます。

%e5%82%b7%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%97

脱皮したみたいにはがれます。

あとは、普通にクレンジングをするだけ!

 

 

ボンド等を使ってやるハロウィンメイクもあるようですが、

やはり肌に作る目的で作られているわけではないものなので、

普通の人でもお肌がかゆくなったり、赤くなったりしてしまうので、

あまりオススメ出来ません。

 

今回ご紹介した方法は、全て舞台用の化粧品や、普通の化粧品を使っているので、

お肌への負担も比較的少ないです。

ただし、血のりはお肌の弱い方だとかぶれる場合もあるので、

注意しましょう!

 

 

こちらの特殊メイクの特別授業は、

ヘアメイクコーストータルビューティーコース

学ぶ事ができますよ♬

 

さらに、ヘアメイクコースや、トータルビューティーコースの教材に入ってる

このメイクパレットはめちゃめちゃ万能で、卒業後も愛用している

生徒が多いです。

普段のメイクにも使えるし、普段は使わない黄色や青も、

こういう時に出番があるのです!!無駄なものがないです!!

メイクパレット

これさえあれば、メイクアップパテーとブロードペイントを買うだけで、

かなり本格的な傷メイクが出来るので、是非チャレンジしてみて下さい!!