キレイに見せる色選び!

2016.6.6

このようなカラーチャートを

一度は目にした事があるかと思いますが、

色は、どんなところにも存在していて、

日常とは切り離せない存在ですよね。

普段なにげなく選んでいるアイシャドーの色も、

肌の色によって似合う色、似合わない色があるので、

普段のメイクの際にも参考になりそうです!

 

優しい・落ち着いた印象を与えるメイクをしたい時は、

アナロジー(類似性)

華やか・派手なメイクをしたい時は、

コントラスト(対比性)

という、色彩のお勉強でした。

配色

例えば、イエローベースの人には、

TSUTAYAです。

Tポイントカードを見てみましょう。

黄色+青い色は、とっても映えて目立つ組み合わせなんです。

というように、

知れば知るほど日々の生活の中でも

色というのはどんな事にも関わってます。

色彩の授業

ちなみに、良く聞くイエローベース・ブルーベースの

違いをどう見極めるかですが、

イエローベースの特徴

  • 日焼けをすると小麦色に焼ける
  • 目の色や髪の色も黄色よりのブラウン
  • 黄みのある肌色 ・・・・などなど

ブルーベースの特徴

  • 色白で、日焼けをすると真っ赤になる
  • 目の色は黒
  • 唇の色に赤みがある ・・・・などなど

ただ、どちらともいえない人もいるのですが、

日本人のほとんどがイエローベースで、

ブルーベースは欧米人に多いようです。

 

 

アイキャッチ

さて、こちらはデモで先生が披露していた

『アイキャッチパウダー』というワザ。

茶色やブルーなどのアイシャドーを塗る時など、

その色が落ちてきて、目の下にクマのようになったりする事は

ありませんか?

それを防いでくれるのが、このアイキャッチパウダーなのです。

フェイスパウダーを多めに目の下に乗せておくだけ!

アイシャドーブルー

アイシャドーを塗り終わったら

 

アイキャッチオフ

こんな風にブラシを持って、勢いよく一気に手早く

ブラシで落とば、フェイスパウダーと一緒に

余分なアイシャドーがきれいに落ちました♪

 

色彩学をベースにして、お互いにメイクレッスン♪

普段のメイクでは絶対使わない色が

『似合ってる~』と絶賛されていた生徒もいて、

嬉しい発見が続々でした!

コントラスト実践

似合う色を見つけると、

肌の透明感がUPしたり、シミやくすみなどが

目立たなく見えたり・・・という嬉しい効果もあるんですよ。

 

逆に、『好きな色』というだけで選んでた色が、

実は、顔色を悪く見せていたり、太って見えたりと

悪い効果もあるので、

色って本当に大切ですね!!