社会人としての正しい敬語トレーニング

2016.9.14

正しい言葉遣いは日々の会話から!ということで、

入学以降敬語と美しい文字トレーニングを

毎日続けているトータルビューティーコース生です。

 

入学して半年が過ぎ、もうあと半年もすれば就職して社会に出ると考えると、

それまでにしておかなければいけない事が沢山ありますね!

ヘアメイク・ネイルの技術はもちろんですが、ヘアメイクアップアーティストとして

接客する上で、『内面を磨く事』

『正しい敬語を使う』『マナー』もとても大切です。

 

4月に行ったマナー研修では、社会人としてのマナーや

言葉遣い、立ち居振る舞いなどを学びましたが、

今回は、正しい敬語を状況に応じて使い分けられるように

徹底的にトレーニングです!!

%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e6%95%ac%e8%aa%9e

敬語の基本

敬語には『丁寧語』『謙譲語』『丁寧語』の3種類があります。

さらに、謙譲語が『謙譲語1』『謙譲語2』と分けられ、

丁寧語から『美化語』を分けて扱う場合もあります。

 

丁寧語

丁寧な言葉で敬意を表す(~です、~ます…など)

 

尊敬語

相手を高める事で敬意を表す表現(言う⇒おっしゃる、見る⇒ご覧になる…など)

 

謙譲語1

自分の行為について、向かう先である相手を立てた表現(言う⇒申し上げる、聞く⇒伺う…など)

 

謙譲語2

自分の行為を丁寧に言う表現(する⇒いたす、行く⇒参る…など)

 

美化語

美化して述べる(お花、お料理、お冷、お腹…など)

 

 

これらを正しく理解しておかないと、

間違い敬語になったり、二重敬語の原因にもなります。

スクールに通いながら、バイトをしている生徒さんがほとんどですが、

そのバイトでいわゆる『バイト敬語』『マニュアル敬語』

と呼ばれる、「丁寧な言い方なようで実は間違っている敬語」を

使っていることが多いです。これが、とてもクセモノで、

『丁寧な言葉づかいをしているつもりになっている&耳になじんでしまっている』為、

一度覚えてしまうと、なかなか直せないものです。

 

%e6%95%ac%e8%aa%9e%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc

授業で行った『正しい言葉に言い変えましょう!』クイズです。

どこが間違っているのか、なぜ間違っているのかを考えましょう!!

 

Q1:これが商品です。

 

 

A:

『こちらが商品でございます』

「これ」は、「こちら」に直し、「です」は丁寧度をさらに高めた

「でございます」に直します。

「なります」はNGなので、気を付けましょう。

 

 

 

Q2:こちらに荷物を置かさせていただきます。

 

 

A:

『こちらに荷物を置かせていただきます』

これは、必要のない所に「さ」を入れる、「さ入れ言葉」です。

敬語のように見えますが、間違っています。

他にも、『休ませて頂きます』⇒「休ませて頂きます」

等気を付けましょう。

 

 

 

Q3:ここでお待ちさせていただきます

 

 

A:⇒

『ここで待たせていただきます」

「お待ちする」と、「させていただく」という二つの謙譲語が

重なっている二重敬語と呼ばれるものです。

余計な言葉を付けてしまわないように注意しましょう。

 

 

 

Q4:わかりません

 

 

A:⇒

『分かりかねます』

「わかりません」「知りません」など、直接否定するような表現は

なるべく避けるようにしましょう。

 

 

 

Q5:貸してもらってもいいですか?

 

A:⇒

『拝借してもよろしいですか?』

「借りる」⇒『拝借する』と謙譲語に直し、「いいですか?」を

より丁寧な『よろしいですか?』に直しましょう。

 

 

 

これから就職する時の面接の受け答えはもちろん、

働き始めてからも、社会人として『言葉遣い』はとても重要です。

相手にどのような印象を持ってもらえるかは、

見た目や立ち居振る舞いもそうですが、

会話した時の『言葉のきれいさ』が話しやすさにもつながり、

好印象へとつながるのです。

%e7%99%ba%e8%a1%a8

最後は、正しい言葉遣いで今日の授業の感想を発表。

 

明るく(ハキハキ・笑顔・印象良く)

+

やさしく(気遣い・声のトーン・分かりやすく)

+

美しく(その場に合ったトーン&ボリューム・姿勢正しく)

 

この3つが、ポイントです。

 

言葉遣いは、とにかく日々の努力が何よりも大切!!

今のうちから綺麗で正しい敬語を覚えて、

日常から取り入れていきましょう。