社会人の基本!ビジネスマナー&敬語を身につける

2016.6.25

これから社会人として働いていく上で、

とても大切なのが『正しい敬語の使い方』です。

言葉づかいは、お客様や会社の人との

コミュニケーションにおいて非常に重要なツールなのです。

ただ単に、丁寧に言えばいいというわけではなく、

「敬語っぽく聞こえるけど、実は意外と間違っている!」

言葉遣いもたくさんあります。

これからアーティストとして、お客様に接する時に、

また、社会人として、先輩や上司に対して、

正しい敬語が使えるようになるには、

何よりも日々の努力が重要!

というわけで、K-twoスクールでは、

特に敬語が苦手なトータルビューティーコース生には、

ビジネスマナー&敬語特訓を毎日行っています。

日頃から、正しい言葉づかいに慣れておくことが

大切だからです。

 

K-twoスクールの卒業生たちからも、

『マナーの授業があって良かったです!!』

『先輩に言葉づかいがちゃんと出来ていると褒められました!』

と、地味ながら『やってて良かった率100%』の

実用性の高い人気の講習です。

敬語の使い方

 

意外と間違って使っている敬語

 

①居酒屋などでよく聞く

『よろしかったでしょうか?』は、

 

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

 

『よろしいでしょうか?』

が正解です。

例えバイトであっても気をつけましょう!

特に『よろしかったでしょ~か~?』と語尾を伸ばすと、

お客様をいらっとさせている可能性も!!

 

 

②ご予約のお客様に対してよく使う、

『お名前を頂戴(ちょうだい)できますか?』は、

 

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

 

『お名前をお伺いしてよろしいでしょうか?』

が、正解です。

電話番号や名前を聞きたい時は、伺って下さい!

名刺は頂戴(ちょうだい)できますが、

お名前や電話番号はもらえませんよ!

 

③お客様をお待たせしている時

『ちょっと待って下さい』は、

 

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

 

『少々お待ちいただけますか?』

が正解です。

自分がお客様の立場だったとして、店員さんが

忙しくて待たされるとしても、ぶっきらぼうに

『ちょっと待って下さい』

と言われたら、「もういいや・・・」っていう気になりませんか?

丁寧に、心をこめて、申し訳なさそうに

『少々お待ちいただけますか?』

と言われたら、

「じゃあ待ちましょうか・・・」となるかと思います。

言葉遣いだけでなく、

そこに気持ちがこもっているかどうか

重要なポイントです。

 

 

それ以外にも、

『恐れ入りますが』

『申し訳ございませんが』

『失礼ですが』

『お手数ですが』

『もしよろしければ』

などの、クッション言葉も使いこなせるようにしておくと、

印象を和らげる働きがあるので、便利です。

 

ご紹介したい間違った敬語はまだまだありますが、

まずは、簡単な所からきちんと理解して、

バイトでもすぐに使ってみましょう!

普段から意識して、使いなれておくことで、

自然と正しい言葉遣いで喋れるようになりますよ!!