News&Topics

【なぜ?】ネイルスクールの通信講座を廃止!おすすめしない理由は!?

2022/06/22

【なぜ?】ネイルスクールの通信講座を廃止!おすすめしない理由は!?

学費の不安や通学の難しさから、ネイルの通信講座を検討される方は多いです。

k-twoネイルスクールも、そういった需要にお応えし、長年フリータイム制や全日制と並行して通信科を運営してきました。

しかし!

当スクールは、2022年春に通信講座を廃止することになりました。

この記事では、運営していたからこそ感じた通信制スクール生さん達の難しさや、講座を廃止した理由を詳しくまとめてみました。

きっと今通信制スクールを検討されていらっしゃる方にとって参考になると思います。

ネイルスクールの通信講座って?

ネイルスクールの通信講座とは、スクール側から配布される教科書やDVDを見てご自宅で学ぶ方法です。

大体どのスクールでも、課題を郵送などで提出し、講師から添削されたものが返ってくる間接的指導が行われることが多いです。

基本的に講師から直接指導を受けたり、校舎に出向くことはなく、日々のカリキュラムの進行や時間設定なども全てご自身のペースで行います。

通学スタイルのスクールと比較すると、費用が安く済ませられるのが特徴です。

以前はK-twoでも通信科があった!けど…

通信制コースは、

  • 働きながらコンスタントに通えるか不安
  • 費用を少しでも安く抑えたい

といった方達に一定の需要があり、それは最近でも決して変わりませんでした。

しかし、長年の運営を経て、“本気で夢を持って学びに来られる方”に対して、本気でオススメできる学習法では無いと判断。

k-twoネイルスクールでは、今年になって通信は廃止の運びとなったのです。

その理由は大きくまとめて3つ。

通信講座はおすすめできない3つの理由

  1. 講師に直接教えてもらえないロスがとても大きかった
  2. 技術や資格取得に時間がかかる
  3. モチベーションが続かない

ではここから、それぞれ詳しく解説していきます!

1.講師に直接教えてもらえないロスがとても大きかった

最大のデメリットと言えるのがこちら。

長年生徒さんの様子を拝見する中で、直接講師から指導してもらっている生徒さんと、通信でDVDや教科書を見ながら練習されている生徒さんの技術面での差が、どうしても大きかったのです。

通信制で学ばれた方は我流の癖が付きやすく、皮肉なことに黙々とご自宅で練習を沢山重ねた方ほど、それがしっかり習慣付いてしまっていました。

我流の癖は検定試験の合否にも影響大!

それでも検定の合格条件は皆同じ。

お金も時間もかけて努力しているのに、どのカリキュラムを選ぶかで結果に大差が出てしまうのが現実です。

K-twoネイルスクールには検定試験の講師陣も在籍していますが、スクール生であれば試験までに絶対に直っているような癖を残したまま、検定当日を迎えている様子を見かけることもあります。

試験の不合格が続いて、「自分にはネイルは向いてない」という結論を出してしまうお話を聞くと、なんだか心苦しい気持ちになること多々でした。(自信喪失ポイント!)

気軽に質問ができない=わからないまま放置の元

また、わからないことをその場で講師に直接聞いて解決できる方と比較して、ご自身でわからないことを言語化し、レポートにまとめて質問するのはそれだけでも上達の難易度が上がります。

突然知らないジャンルの教科書と道具が一気に届いて、何に使うのかすらわからない状態からのスタート。

「先生、これどうしたらいいですか?」という簡単な言葉で質問が投げられないのはちょっとつらいですよね。

そうなるとわからなくても伝えられないまま、放置する結果になりがちです。(自信喪失ポイント!)

2.技術や資格取得に時間がかかる

通信は、自分のペースで空いた時間に学べることは大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、スケジュール進行管理能力を必要とされるため、そういった面に不安がある方にはなかなか難しかったです。

他の生徒さんが確実にカリキュラムを進めて実力を付けていく中で、通信の生徒さんは入学された時に目標としていたペースで学習が進められず、技術の習得が足踏み状態になりやすい環境。

どのスクールでも募集の際には「最短●ヶ月」と表現される場面を見かけますが、一人前になるまでにかえって時間がかかってしまうことも多かったです。(自信喪失ポイント!)

費用が安く済むことも大切ですが、学びにかける時間もそれと同じくらい大事です。

3.モチベーションが続かない

自宅で一人でコツコツと学ぶ環境は、非常に孤独でモチベーションの維持が難しいです。

入校時はやる気満々でスタートするのですが、イマイチ上手になっているのか確信が持てないまま進めていくうちにモチベーションが保てなくなり、気乗りしない日も出てくるでしょう。

1週間、2週間と間が空いて、気付けば教材を触らなくなってしまった…なんてことも!(悲)

そういった場面で、一緒に授業を受ける友達や講師との会話があるのと無いのでは、大きな違いがあることを痛感しました。

本気でプロを目指す即戦力を育成するために廃止

k-twoネイルスクールの1番の目的は、入学してもらうことではなく【即戦力となるネイリストを育成】すること。

通信科でもできる限りめいっぱいサポートを続けてきましたが、やっぱり直接指導の生徒さんたちのほうが断然努力が報われやすいのです。

他の通信からK-twoに編入する生徒さんも

安さに惹かれて通った通信講座で何度も検定試験に落ち、最終的にK-twoのフリータイム通学やオンライン講座に編入する生徒さんも過去に沢山いらっしゃいました。

お金や時間は有限。

努力と無駄な苦労は似ているようで別物です。

K-twoでは、できるだけスムーズにネイリストの夢が叶う環境を提供するのが正解と考えています。

通信以外でおすすめの方法は?

遠方にしかスクールが無くて通学が難しかったり、ちょっとでも費用を抑えたい方には、オンライン講座をオススメしています。

K-twoのオンライン講座は、DVDや配信動画のみで一方的に流れてくる授業を見るものではありません。

スマホやPCを繋いで、画面越しに直接先生に手元を見ながら指導してもらえるので、普通に通学して通う授業のクオリティを維持できる内容になっています。

通信は検定2,3級が限界。オンラインは1級に対応

通信講座ですと、一般的にJNECネイリスト検定2級までが指導の限界になっていますが、k-twoのオンライン指導はネイリスト検定1級合格にもしっかり対応しています。

通信と同じく交通費も浮き、遠方でも学べる点も大きいですよね。

コロナ禍でも資格取得者多数排出!時代を味方に付けた新しい学び方

コロナウイルスが流行し、STAYHOME期間を経て、オンライン講座の学びやすさはドンドン進化しています。

遠方の方とオンラインで繋がって指導していると、「田舎に住んでいるから学校に行けない」と諦める時代ではなくなったように感じます。

便利を逆手に取ってしまえばいい時代!

晴れてネイリストになれた生徒さんも既多数いらっしゃいます。

卒業時に就職サポートで面談をしていると、「通信で学んでいた頃と比べて、不安が生まれる度に解消できたから自信を持って進められた。」との声を聞くことも。

生徒さんが自信を持って学べるから、当スクールも自信を持ってオススメできるのです!

K-twoスクールのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!

〈 入学相談は下記の連絡先にお電話ください 〉